M&Aニュース

M&A NEWS

M&Aニュース

2021.08

お客さま1人ひとりにあわせた質の高い提案力を強みとしたアウトバウンドのコールセンター運営を行っており、大手通信サービスを中心としたコンサルタント事業、大手デリバリーサービスの代理店として新規加盟店開拓を行うミナソルのお客さま第一の姿勢と高い提案力を活かし、グループでシナジーを発揮しさらなる事業拡大を目指す。

マリンリバーは製品の自社開発を手掛けており、長年の業歴の中で培い、かつ特許を取得した技術力については、業界内で高い評価を得ており、当社グループにとって非常に有益であり相乗効果を見込む。

D2C・EC事業経営のためのノウハウや経験等を活かし、広告宣伝費等の効果的な投下や、販売チャネルの拡大、経営管理等により、ビーランのさらなる事業規模の拡大、収益性の向上が見込む。

ヒューマンベースの ERP 分野でのノウハウや顧客基盤を取り込むとともに、当社グループの顧客基盤の活用やエンジニア採用・教育強化といった相乗効果を実現し、幅広い業界に対するコンサルティング・上流工程領域の拡大により、より利益率の高いシステム開発案件を獲得することで、当社グループの企業価値向上を目指す。

明治薬品株式会社の有する研究開発力、商品開発力及び通信販売プラットフォームと明治薬品が有する製造、販路等の経営資源を融合させることで収益拡大を図り、当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値向上の実現を図る

明治薬品株式会社の有する研究開発力、商品開発力及び通信販売プラットフォームと明治薬品が有する製造、販路等の経営資源を融合させることで収益拡大を図り、当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値向上の実現を図る

BBS グループが提供するサービス「BBS サイクル」の価値向上に加え、JAVA、AI などのプログラミング能力や、スマートフォンアプリの開発力を BBS グループに取り入れ、お客様の「総合バックオフィスサポーター」になるための、事業成長を目指す。

 

2021.07

山石金属株式会社の金属粉の取扱い技術・ノウハウを取り込むことで、当社グループが保有する成形技術、焼結技術、熱処理技術等を中心とした粉末冶金技術の展開を強化し、優れた耐摺動性、耐衝撃性、高熱伝導性等を持った基幹部品・部材の創出を目指

月刊誌『エアライン』をはじめとする航空関連を軸に 40 年の歴史を持ち、陸海空、旅行、そして防災の各分野で専門性の高いコンテンツを提供しているイカロス出版株式会社の持つブランド力、専門コンテンツ力は、「マーケットをリードする専門メディアグループ」を指向するインプレスグループとシナジーが見込む。

ヘルスケア事業の中核企業として、マルヤマ歯科商店を迎えることにより、ヘルスケア事業の強化をはかり、地域の皆様の健康寿命を延伸し、よって地方創生に貢献。

Webサイトの改善を支援するUXソリューションの提供価値向上及び新たな市場機会を創出すると共に、両社の強みを組み合わせることで Web サイトの開発から運用まで一気通貫で効果的に支援する体制を構築し、市場での確固たるブランドの確立を目指す。

地域の生産者の皆様が生産された良質で安全な農産物を全国各地の中央・地方卸売市場、青果物卸売業者への販売を展開する北千生氣の仕入と販売に関するネットワークの組み合わせによる事業シナジーの実現を見込む。

SNSと動画を活用したマーケティング支援事業を展開する株式会社トピカとの連携により新しい事業領域においてデータとテクノロジーによる新サービスの開発に取り組む。

999年から20年以上にわたりフィギュアを中心としたホビーグッズを取扱うインターネット通販(EC)会社として、国内・海外合わせ 54 万人超のユーザーを有する自社ECサイトを運営しているホビーサーチ社の子会社化により、中長期的に人員・技術シナジーを発揮することで、今後の企業価値向上を目指す。

関西、関東地域を中心に「FLET’S」及び「百圓領事館」等、100円ショップを約140店舗を展開する音通エフ・リテールの子会社化により、基幹事業である国内100円ショップ事業の店舗網及び事業規模の拡大を図る。

ネットワーク・エキスパート・カンパニーとして、長年確かな設計品質と製品化技術を培い、高い信頼性と安定度で評価を得ているマイクロリサーチの子会社化により、これまでのクラウド事業での基盤をもとに、信頼のおけるネットワーク・セキュリティ技術に基づく価値あるソリューションを、多くの顧客に提供。

上水・下水処理施設など環境関連プラント設備や自動省力化装置などの設計・製図に強みを持つ株式会社三東の子会社化により、設計機能の強化を図る。

技術者派遣事業を中心に情報処理請負事業を名古屋地区中心に展開している日本技研株式会社は富士テクノソリューションズの戦略に合致するため子会社化。

 

2021.06

マグロを主とする水産物の調達、加工(刺身・ネギトロ等)、冷凍保管(超低温)、販売までの一連の事業領域を営む株式会社マリンアクセスの株式譲受により、マルハニチログループのマグロ事業の更なる拡充を図る。

Electromag 社の有する健康・医療用途領域における技術・ノウハウ、またブラシレスモーターの製品ラインナップ・開発能力を獲得し活用していくことで、重点取組事項の推進を一 層加速させる。

リベイスの運営する、デザイナーと企業のマッチングサービス「JOOi」を事業に組み込むことにより、同サービスに登録されている高品質なデザイナーと「テックアカデミー」に登録されているキラメックス独自の選考を通過した高品質のメンターを連携し、サービス強化を図る。

各種製品向けの組込型ソフトウェア関連事業を取り込むことにより、クレスコグループにおける企業価値の向上を目指す。

中学受験を主なドメインとした学習塾で、都内3か所に展開する株式会社VAMOSの子会社化により、保育対象年齢から中学受験に至るまで一貫してサポートする体制が整うこととなり、グループ全体の企業価値向上。

両社が展開する戸建木造住宅のフランチャイズ事業の経営資源や天然無垢材の仕入調達力を相互活用することにより、グループの企業価値の向上を目指す。

ロート製薬は、2030年のビジョンのひとつとしてOTC医薬品のリーディングカンパニーになることを目指しており、天藤製薬製品はその実現の大きな一歩となるだけでなく、弊社の海外ネットワークを通じて、子会社の販売網やマーケティングノウハウを活用し、大きく成長させることで、更に事業拡大を図る。

スペースマーケットの経営資産とスペースモールの運営ノウハウを組み合わせることで、両社の継続的な事業発展を目指す。

両社の強みを併せた新事業として、日本マンガを含むアジアコンテンツの全世界配信プラットフォームサービス「Comikey」を立ち上げる。

スリー・オーシャンズ社の取得後は、ケイスター・シーフード社の白身魚フライ事業と連携させ、英国における白身魚フライ事業のいっそうの強化を図り、販売面ではフラットフィッシュ社と、生産面ではシテマリン社(食品製造業、フランス)とのシナジーを発揮。

ジェニックラボのビジュアルコンテンツ制作の強みを追加することにより、SNSマーケティング領域での更なる事業拡大を目指す。

 

2021.05

DTSのネットワーク技術者のノウハウとアイ・ネット・リリー・コーポレーションの基盤設計・構築・運用管理の技術力を組み合わせ、ネットワークソリューションビジネスの強化を図る。

国内および海外72カ国でEC倉庫や3PLの配送センター、組立工場などにデジタルピッキングシステムを納入し、物流業界や製造工場の課題を解決するシステムを構築する技術力とノウハウを保有する株式会社アイオイ・システムの子会社化により、物流業界におけるDX市場に本格参入。

ヒト・コミュニケーションズの持つ幅広い業界に対する営業力を活用することで、更なる顧客層の拡大を目指し、ライブコマース市場における盤石なポジションを構築を図る。

ワイジェイFX株式会社の使いやすいスマートフォンツールの提供などのノウハウ、経営資源を共有し連携を強化することで、サービスの価値を高める。

タキロンシーアイ株式会社が保有するコンパウンド設計技術を活かし、製品のさらなる高機能化、品質の向上を図る。

純RNI サービスにインテージの事業資産(商品マスタや分析ノウハウ)を組み入れることで、次世代リサーチを実現し、マネタイズを加速化させることにより、企業のマーケティングのアジャイル化を推進。

純国産のセキュリティベンダーとして社会全体のサイバーセキュリティレベルの向上に貢献するため、これまで培った技術やノウハウを活用したセキュリティ・サービスの充実を目指す。

ビジネスプロセスの自動化や生産性向上を実現する株式会社アシリレラのIT専門家に依存しないデジタル技術の内製化を実現する純国産ソフトウエア・プロダクトを開発し、ユーザ基盤を合わせ持ったアシリレラとのシナジーでパートナー企業を通じたシェア拡大を目指す。

保守契約台数の増加を通じた首都圏及び関西圏における事業基盤の一層の強化を図るとともに、共通のサービス提供エリアにおける人的資源の相互活用を通じた効率的なメンテナンスの実施、さらには、技術ノウハウの提供によるサービス品質の向上など、同業の優位性を生かした事業連携を可能にする。

豊富なエンジニア人材プールを有する株式会社アイデンティティーを子会社化することで、高い成長を継続するために必要なエンジニアを確保しIT人材プラットフォーム企業として次なる成長ステージを目指す。

将来的な生産拠点の集約、生産効率の向上、販売ルート活用等を通じてシナジー効果が見込めることから、欧米市場も視野に、事業拡大を図り、企業価値向上を目指す。

アンガーマネジメント株式会社が取り組むアンガーマネジメントのノウハウや経営資源をもって、これら社会的ニーズに応えるサービスを提供する目的。

 

2021.04

BtoBチャネルにおけるネットワークストレージ及び監視カメラの品揃えの拡充や当該事業のソリューションの強化が目的。

商標や知的財産管理の業務が増加するなど、法務人材の需要に応えるともに、事業に関わるオペレーションの効率化に努めることで、事業の更なる拡大を目指す。

世界第4位のインターネットユーザー大国であるブラジルル国内エンドユーザーへの直販強化およびサポート強化による売 上拡大、ならびに現地採用と運営による販売の効率化による利益拡大を図る。

tandard Security Life Insurance Company of New Yorkの事業基盤を獲得することにより、米国内の10州で法制化され、今後更に採用州の拡大が見込まれている有給休暇補償制度に対応し、更なる収益力・競争力の強化および事業規模の拡大を図る。

CalPac のグループインにより、AECでは、グアムでのIT・弱電設備市場への円滑な参入や業容拡大。さらに、環太平洋地区の拡大、ひいては、はるかに市場の大きい米国本土での本格展開も視野に入れ、米軍施設向け事業の成長を加速することにより、当社グループの事業安定化と業容拡大の両立を図る。

貼合ビジネスにおける相互技術を補完することが可能となり、貼合技術に関しては、更に付加価値の高いソリューションを提供できる体制を確立。

発電事業の更なる強化に加え、今後のエネルギー事業の展開に大きく寄与するものと考え、再生可能エネルギー需要の高まりから、オンサイト型・オフサイト型 PPA や地域マイクログリッド構想を視野に入れ、FIT(固定買取価格制度)に依存しないビジネスモデルの構築を図る。

東京本部との営業面・施工面での協力関係を構築し、首都圏近傍のエリアにおいて、総合設備企業としての収益基盤のさらなる拡充を目指す。

医薬品 CMC 関連リソースの活用による更なる技術展開、弊社の医薬品及び化粧品関連事業におけるバリューチェーンの充実を目指す。

は国内の戸建て住宅マーケットにおけるシェアアップを果たし、栄住産業の拠点網を活かした住宅資材等の更なる販路拡大により、住宅・不動産関連事業の更なる成長を図る。 が図れる

ラベル用粘着紙・粘着フィルムなど各種粘着製品メーカー、リンテック株式会社は米国Duramark Products, Inc.の全株式を取得し、子会社化。主力製品の生産能力の増強。新たな商権の獲得や拡販を目指す。

株式会社ヤマダ環境資源開発ホールディングスを中心に、環境関連事業の強化を行っており、株式会社三久の子会社化による建築系廃棄物の中間処理事業の資源循環体制の拡充を図る。

 

グループ会社

  • 株式会社三共
  • SKハウジング株式会社
  • 株式会社サンキョウホーム
  • 株式会社バイセップス

Copyright©SK Phoenix Co. , LTD. All Rights Reserved.